夢が広がるリノベーション!そのバリエーションの数々

価格帯からみるリノベーションの種類

500万円未満の工事の目安

業者やこだわる材質などによって、大きく価格が変わることにもなりますが、大まかな目安としてご参考になさってください。
部分的なリノベーションといったイメージでいいかと思いますが、トイレだけ、洗面所だけ、または、壁面に新しく収納スペースを作るといったことであれば、比較的低予算でできるようです。
構造的に恵まれた場合なのかもしれませんが、仕切りとなる壁を取り払うことで和室とダイニングをひとつにし、フローリングに張り替える程度のことは充分考えられるようです。
部分部分で既製品の建具を使う、壁はクロス、フローリングは合板でなど、低予算に抑える工夫もいろいろなやり方があるようです。
各業者の案内するビフォーアフターの写真などを見ますと、400万円前後で、部分的ではあるのでしょうが、生まれ変わった状態に感じられるものをよく見かけました。

500万円以上になると、何ができるのか

水回りを変えてしまうような工事になると、かなり大掛かりなものとなりますが、全体をスケルトン状態にしてのリノベーションでも、うまく水回りがそのまま使えるようですと、かなり費用の点では変わるようです。これは構造的なものですが、一番大きく左右されるのはこだわりのための材質の違いではないでしょうか。
こだわることができるのがまたリノベーションの魅力だと言えます。
機能にこだわるのか、素材にこだわるのか、自身のこだわる重点を大切に賢くコストを抑えたいものです。
それぞれの業者により、得意な分野などもあるそうですので、複数の業者に相談してアイデアを膨らませていくのも楽しい時間になるかも知れません。また、さらに資産価値を上げるために耐震補強を行うこともできます。リノベーションの楽しさは、無限に広がるかのようです。


この記事をシェアする