夢が広がるリノベーション!そのバリエーションの数々

理想の空間を手に入れるためのリノベーション

言葉のうえでの違いについて

リフォームとは、元に戻すというような意味なんだそうです。リノベーションは、造り直す。そんな違いのようで、このような言い方もあるようです。
リフォームが元どおりになることが最上とすれば、マイナスからゼロを目指す行為。リノベーションは、作り替えることによって価値を高めることができますのでプラスアルファを目指す行為。ただし、この線引きに明確な決まりはないそうで、どちらであるかを目くじらを立ててまで論じ合うものではなさそうです。
リノベーションという言葉の方にプラスなイメージを持たれるのなら、そのままリノベーションを使ったらいい、くらいのものだと思って差し支えないようです。
それでは、ワクワクしながら次のことを考えてみましょう。

具体的にはどんな事例があるのか?

一軒家のリノベーションとなりますと、構造的に必要な部分を除いての作業となり、自由度は計り知れないものがあります。水回りなどまで変えてしまう工事も含まれるようです。
ここでは、ちっょと、変わったトレンドをご紹介したいと思います。

古民家を再生してリノベーションする。
利点として、材料の強度が良いという点、デザインに独自性が出るなどの点が挙げられるようです。
また、取り壊して新築を建てたり、増築する場合に比べ、税制面でも有利になるそうです。ただし、この点は自治体によって細部が違うそうなので、事前に問い合わせされることをお勧めします。

リノベーションにより、団地を変身させる。
団地は計画的に建設されたために学校や病院、郵便局などが近くにあることが多く、また緑が多いなど居住空間としての魅力が見直されつつあるようです。
自治会などを利用した、住民同士の横のつながりを大切に考えられる方々に人気が出ているようです。


この記事をシェアする